読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ことば・辞書・日本語文法(2)

日本語教師です。ことばと、(日本語)辞書と、日本語の文法について、勝手なことを書いていきます。

IH(調理器)

この「IH」というのはどういう原理なのか。例解新国語辞典によると、

  アイエイチ 電磁誘導加熱。磁力線を利用して加熱調理する方式。うずまき状のコイルで磁力線を発生させて電流を起こし、その電流がなべそのものを発熱させて加熱調理を行なう。

んだそうです。国語辞典としては十分しっかりした説明で、これでわからないのは私のほうの知識のなさが問題なのでしょう。

さて、もう一つ気になるのは、「エイチ」のところです。

三省堂国語(七版)も「アイエイチ」ですが、新明解・岩波・三省堂現代新は「アイエッチ」です。広辞苑も「アイエッチ」。

三省堂国語は六版は「アイエッチ」でした。「エッチ」から「エイチ」へ改訂したわけです。

例解新国語の「アイエイチ」の少し前に「アールエイチ因子」というのがあります。これを他の辞書で見てみると、岩波はなんと「アールエイチ」です。

岩波は「H」の読み方で「(アイ)エッチ」と「(アール)エイチ」が共存しています。

さて、「エイチ」か「エッチ」か。「いやらしい」ほうは「エッチ」でどの辞書もきまりですが、そのほかの「H」を含む語はどうするか。

例えば、鉛筆のかたさはどうするか。

新明解は「エッチ」の項で「HB」「2H」という例をあげています。(上の「IH」と「Rh」は「エイチ」でしたが)

三国は「エッチ」は(「いやらしい」以外は)「エイチ」を見よ、となっていて、鉛筆も「エイチ」で解説しています。

まあ、小さなことなんですが。