ことば・辞書・日本語文法(2)

日本語教師です。ことばと、(日本語)辞書と、日本語の文法について、勝手なことを書いていきます。

あげる

前回の記事の続きで。

 

  あおむける ①表面を上へ向ける。(からだの)腹のがわを上にする。②顔を上げる。(⇔うつむける)[名]仰向け。「-になる」                    三省堂国語辞典 

 

この②の「顔を上げる」というのは、「あおむける」動きの例として、まあ、そうなんだろうと思うのですが、「あげる」の項目を見ると、

 

   上げる ①上のほうへ動かす。「頭を-」

 

とあります。

「あげる」の一般的な意味が「上のほうへ動かす」のだというのはいいとして、この用例の「頭を上のほうへ動かす」ことは、ふだんの、前を向いた状態からはできないのじゃないでしょうか。(背伸びする?)

前を向いた状態から、上を見たとしても、それは「頭を上のほうへ動かす」ことにはならない。「顔が上を向いた」だけですよね。頭は、「後ろに倒れる」ので、むしろ低くなってしまう。(身長を測るとき、上を向いたら、低くなりますよね)

つまり、「頭を上げる」というのは、頭を「前に下げた状態」から、前を向くようにことを意味するわけです。(「あおむける」の新潮現代の語釈に「裏返しや横向きになっているものを」という説明がありましたが、それと同じような、「ふだんとは違った状態から」という前提が必要な表現です)

つまり、「手を上げる」とか「レバーを上げる」のような「上の方へ動かす」ことを表すというより、「前に向ける」ことを言うのです。

では、上の②の「顔を上げる」とはどういうことか。こちらの場合は、確かに、前を向いた状態より顔の位置が少し高くなると言えるでしょうが、「顔を上げる」という表現で言いたいことは、「顔を上の方へ動かす」ことではありませんよね。「上を向く」ことですね。