ことば・辞書・日本語文法(2)

日本語教師です。ことばと、(日本語)辞書と、日本語の文法について、勝手なことを書いていきます。

ドライブウェー

また三省堂国語辞典の外来語特集です。

 

  ドライブウェー〔和製driveway〕ドライブ専用の舗装道路。(三国)

 

「ドライブウェー」は「和製」だそうです。正しい英語ではない、と。

新明解も同じ考えです。英語での意味も書いてあります。

 

      新明解 〔和製英語 ←driveway〕自動車でドライブするための道路。〔英語の driveway は門から車庫に通じる私道などの意〕

 

これで話が終われば、それでいいのですが、他の辞書で違うことを言っている辞書があります。

 

      明鏡 [driveway]自動車道路。特に、ドライブを楽しむのに適した観光道路。
      岩波 (ドライブに適した)自動車道路。▽driveway

 

この2冊は、何の注記もなく、つまりは英語だとしています。

三国・新明解と明鏡・岩波で違います。和製語か元々英語なのか。(それにしても、三国の「舗装道路」は面白いですね。)

記述がちょっと不明瞭、あるいは矛盾した辞書もあります。

 

  旺文社 ドライブウエー<米 driveway> 自動車道路。特に、観光・ドライブに適した道路。[参考]英語の driveway は、公道から玄関・車庫までの私道をいう。


 初めに<米>とあるので、イギリス英語では違う、ということだろうと思うのですが、[参考]で単に「英語」と言ってしまっては、そこがはっきりしないでしょう。旺文社が「英語」をイギリス英語の意味で限定して使っているとは思えません。(と言うより、後で見る英和辞典によれば、イギリス英語では drive のはずです。)

 

    例解新 自動車でドライブができるようにつくった道路。◇driveway  [参考]英語では、「道路から家や車庫などに通じる私設の車道」という意味。


 「もとになった外国語」として英語の綴りをあげながら、「英語では~」とするのは矛盾していると思うのですが。

その他の辞書では、学研と集英社は英語扱い、現代例解は「アメリカ」、三省堂現代は三国・新明解と同じく「和製英語」です。同じ出版社ですし。

しかし、同じ三省堂大辞林は、

 

  大辞林 ①自動車道路。特に、観光その他の自動車走行を楽しむのに適した道路。
      ②邸宅の門から車寄せ・車庫までの車道。

 

として、英語と認めているようです。(大辞林の②は、日本語で言うかどうかちょっと疑問ですが。)

大辞泉も、英語としています。

 

    大辞泉 (driveway)自動車道路。特に観光などのドライブに適した道路。

  

driveway を英和辞典で引いてみると、

   

  プログレッシブ英和中辞典(第4版) [名]1 (米)(通りから建物・車庫への)私道(英drive).2 (カナダ)自動車道路. 3 家畜を追う道.  

 

おやおや、カナダ英語も出てきました。もっと大きな英和辞典では、

 

  ランダムハウス英和大辞典 1(主に米) (街路から建物・家屋・車庫などへ通じる)私道,車道,車回し(主に英 drive).  2 (主に米) 自動車道路,ドライブウエー.  3 (主に米) 家畜を追う道;干し草や穀物などを納屋に運ぶ道.  4 (カナダ) (ドライブに適した)景色のよい主要道路.

 

いろいろ細かい違いはあるようですが、結局、「英語」として「(ドライブに適した)自動車道路」の意味はあるようです。

結論として、三国・新明解・三省堂現代の「和製」という記述は誤りということでいいでしょうか。