ことば・辞書・日本語文法(2)

日本語教師です。ことばと、(日本語)辞書と、日本語の文法について、勝手なことを書いていきます。

ウイーク・週

ごくかんたんな、あらためて辞書を引くまでもないような語ですが、三省堂国語辞典の「ウイーク」の語釈がよくわからなかったことから、あれこれ調べてみました。

 

  ウイーク (名) ①週。七日間。②週間。「バード-」
   ・-エンド 週末(休暇)。
   ・-デー  (土曜および)日曜以外の日。週日。平日。

 

まずいつもの問題ですが、「ウイーク」は独立して使える名詞かどうか。「次のウイークが/を/に/の」?
どれも言えそうもないので、(名) でなく、(造語) とすべきだろうと思います。名詞としての用法があるというなら、例を示してほしいところです。

 

さて、「ウイーク」は日本語でどう使われるのでしょうか。

「週」と「週間」? ①の「週」と②の「週間」は別の用法だと言われて、普通の人はすぐ分かるのでしょうか。

「週」と「週間」を引いてみましょう。

 

  週 七日をひとまわりとしてくぎった期間。一週間。「次の-・第一-・-初め」

  週間 ①その一週間。「-天気予報」②特別の行事などのために定めた一週間。「新聞-」  (三国)

 

なるほど。確かに、「次の週間」とか「週天気予報」とはあまり言わないでしょうから、使い方が違う、というのはわかります。

「週」が、一般的に「七日をひとまわりとしてくぎった期間」であるのに対し、「週間」が、今、話をしている「その一週間」であるというのもわかります。「週間」のほうが指す対象が限られている。さらに、②の「特別な行事のため」の場合は、もっと限られた用法です。

しかし、「ウイーク」の「週間」は、「バードウイーク」の例でもわかるように、「週間」の②の用法だけじゃないのでしょうか。①の「その一週間」の意味で、「ウイーク~」とかいう場合もあるのでしょうか。(「ウイークスケジュール」などと言うとすると、「その一週間」でしょうか。)

結局、「ウイーク」の②として、その項目だけで使い方がわかるように、(そして「週間」の2つの用法をだいたいカバーできるように)

  ある特定の一週間。「バード-」

ぐらいに書けばいいんじゃないかと思うのですが。

さて、三国の「週」の語釈ですが、「七日をひとまわりとしてくぎった期間」というだけでは、用例の「週初め」の意味がわかりません。いつから始まるものなのかを書かないと。

それはまた別の項目に書いてあるのでしょうか。「一週間」を見てみればわかるのでしょうか。

「一週間」という見出し語は三国にはなく、「一週」があります。「一週間」はその追い込み項目になっています。(「一週」と「一週間」の使い方の違いとは?)

 

  一週 ①月曜日から日曜日(または、日曜日から土曜日)までの七日間。
     ②〔ある日から〕七日間。「-おきに会議がある」▽一週間。 ③第一週。
   ・一週間 七日間。    (三国)

 

①、②は「一週間」で置き換えられるけれど、③の「第一週」は「一週間」とは言えない、ということのようです。

  一月の一週 = 一月の第一週 ≠ 一月の一週間

  

さて、週の始まりというのは2つの考え方があるんですね。私は、(いつも見ているカレンダーに影響されて)なんとなく日曜から土曜までと思っていたのですが、確かに、「週初め」というと、月・火あたりを指しそうです。仕事の話の時に言うのでしょう。難しいですね。(聖書の神様は、「7日目に休んだ」んでしたっけ?)

「ウイークエンド」も問題です。「週初め」に対して、「週末」とはいつを指すのか。

 

  週末 一週間の終わり。ウイークエンド。〔ふつう土曜・日曜をさす〕(三国)

  週末 一週間の終わりごろ。金曜・土曜から日曜にかけてをいう。 (明鏡)

  週末 その週の終り。〔日曜から週が始まると考えた場合も、月曜から週が始まると考えた場合も、土曜の午後もしくは金曜の夕方から日曜にかけての仕事休みを指す〕     (新明解)

 

金曜の夕方を入れるかどうかで判断が分かれます。また、日曜が「週末」なら、週は月曜から始まらないと話が合わないことになりますね。

うーん。では、どうして「一週」は「日曜から土曜まで」という考え方があるのか。何より、なぜ一般のカレンダーは日曜から並べているのか、、、。

 

「ウイーク」から始まって、「週・週間・一週・一週間・週末」の使い分けまで、つくづく、私たちは細かい使い方の違いに気を付けなければならないんだと感心します。そしてまた、意外に、「週」や「週末」に違った解釈があるのだということも、難しい問題です。

 

英英辞典の説明の例を一つあげておきます。

    week   a period of seven days and nights, usually mesured in Britain from Monday to Sunday and in the US  from Sunday to Saturday
    weekend   Saturday and Sunday, especially considered as time when you do not work  (LDCE 4th. ed.)

 

「week」は、イギリスとアメリカで違うと言っています。日本で2つの解釈があるのも、ここから来るのでしょうか。

 

一つ追加。明鏡の「週間」に次の記述があります。

 

  週間 (造)七日間を一単位として期間を数える語。「締め切りまで二━しかない」  (明鏡)

 

当たり前のことですが、きちんと書いてあるのはいいですね。