ことば・辞書・日本語文法(2)

元日本語教師です。ことばと、(日本語)辞書と、日本語の文法について、勝手なことを書いていきます。

新明解の副詞:くたくた・ぐたぐた

新明解国語辞典の副詞「くたくた」と「ぐたぐた」の記述について、細かい話ですが。


まず「くたくた」から。明鏡国語辞典と岩波国語辞典の記述も並べます。

 

  くたくたⅠ-な-に 1まともに立っていられないほど、くたびれきっている様子。  
           「朝から歩きどおしでもう-だ/-の からだをやっと起こす」
       2〔布などが〕古くなって、張りを失っている様子。「-になった着物」
       〔強調表現は「ぐたぐた」「ぐだぐだ」〕    
      Ⅱ(副)-と ぐたぐたⅠ。                          新明解

 

   副トニ 1使い古して張りがなくなったさま。「着古して━になったスーツ」
       2疲労でぐったりしたさま。「━に疲れる」
       3物がよく煮えて軟らかくなりすぎたさま。「野菜を━になるまで煮る」                        

                               明鏡

 

  〘副[と]・ノダ〙①非常に疲れたさま。ぐたぐた。「通勤で―になる」「―と椅子に座り込む」
      ②形が崩れるほどになったさま。「着物が―になる」「―に豆を煮こむ」  

                               岩波

 

まず品詞の問題から。

明鏡と岩波は「副詞」としていますが、新明解のⅠ「-な-に」とはどういう品詞でしょうか。国語辞典の品詞表示としては非常に特殊な感じを受けます。

前に「大層」をとりあげた時にも書いたことですが、新明解の品詞分類は一般の品詞分類とは違っています。(「2021-7-18 大層」)

新明解はいわゆる「形容動詞」を一つの品詞として認めていません。そのことは「編集方針」にはっきり書いてあります。

 

 『新明解国語辞典 第八版』(2020、p.11)「編集方針」「細則」から  
   29名詞・副詞のうち、サ変動詞またはいわゆる形容動詞としての用法を併せ有する    ものは次のごとく扱った。
     -する   名詞のほかにサ変動詞の用法 
     -な-に  名詞のほかに連体形に「な」、連用形に「に」の用法
     -な    右のうち、一般には連体形の用法だけのもの
     -たる-と 名詞のほかに連体形に「たる」、連用形に「と」の用法
     -と    右のうち、一般には連用形の用法だけのもの
     -な-する 名詞のほかにダ活用形容動詞とサ変動詞の用法
     -と-する 名詞のほかにタルト活用形容動詞とサ変動詞の用法
    ただし、右の用法は雅馴と認められるものに限り、網羅を宗とはしなかった。
             (原文縦書き。「右」とあるのはここでは「上」のこと)

 

一般の「学校文法」では、「形容動詞」は「名詞」「副詞」とは違う品詞ですが、ここでは「名詞・副詞のうち」とあるように、その中のあるものが「いわゆる形容動詞としての用法」を「併せ有するもの」と見なされているだけです。「用法」にすぎず、一つの「品詞」ではないのですね。

新明解の品詞表示は、副詞は(副)として示されますが、名詞の表示は省略されます。つまり、品詞表示が何もなければ名詞と見なされるわけです。

新明解の表紙の裏側に「記号・略語表」というものがあります。そこの「品詞略語」には、

   無表記  名詞と、いわゆる連語・句

とあります。

 

例えば「きれい」は、

  きれい -な-に

で、品詞名無表記、つまり名詞です。そして、「いわゆる形容動詞としての用法を併せ有するもの」です。(したがって、新明解は「学校文法」を習っている小学生・中学生には勧めにくい辞書です。)

 

なお、上の引用では「名詞・副詞のうち」と言いながら、名詞の場合しか説明していません。すべて「名詞のほかに~」ですね。

副詞の場合は、例えば「大層」「当然」「ゆっくり」だと、

  たいそう(副)-な
  とうぜん(副)-な-に
  ゆっくり(副)-と-する  

のようになります。

「たいそう」は、まず副詞で、「-な」という「いわゆる形容動詞」の連体修飾の形も「併せ有する」ということを示しています。

 

これらは、三省堂国語辞典だと、次のような品詞表示になります。

  たいそうⅠ(形動ダ)  Ⅱ(副)
  とうぜん(副・形動ダ)
  ゆっくり(副・自サ) 

「大層」は、意味の違いにより、形容動詞と副詞に分けられます。「当然」「ゆっくり」は品詞による意味の違いはないとみなされ、違う品詞が一つにまとめられています。

 

さて、新明解の「くたくた」の話に戻ると、この「Ⅰ-な-に」とは、この用法では「名詞」であり、「いわゆる形容動詞」の連体形と連用形の用法も併せ有するということを示しています。

「くたくた」は名詞だそうです。「きれい」「はなやか」などが名詞だという説は昔からあるのですが、「くたくた」のような語も名詞としてしまうと、「名詞」という品詞が膨らみすぎるように思うのですが、どうなんでしょうか。名詞の中の下位分類が非常に複雑にならざるをえませんが、そこまでは考えていないのでしょう。

 

用法のⅡに移ります。

 

  Ⅱ(副)-と ぐたぐたⅠ。  新明解

 

副詞としての用法で、「-と」の形をとります。「ぐたぐた」のⅠと同じだそうです。

新明解の「ぐたぐた」の項は、第七版と八版で違いがあります。

 

 ぐたぐた (副)-と 1原形が損なわれるほど十分に煮込む様子。
           2くだくだ。「-言っとったよ」      新明解第七版

 ぐたぐた Ⅰ(副)-と 1原形が損なわれるほど十分に煮込む様子。
            2くだくだ。「-言っとったよ」     
      Ⅱ -な-に 「ぐたぐたⅠ1」に同じ。「-になるまで煮ます」 新明解第八版

 

第七版では「(副)-と」の用法だけです。1の「煮込む」と、2の「くだくだ言う」の用法です。

第八版では、それに「-な-に」の用法が加わります。「いわゆる形容動詞」の用法ですね。
用例は「ぐたぐたに」の形をあげています。
(この用法の品詞は何かというと、「くたくた」と同じ名詞のようです。副詞の用法は、「Ⅰ(副)-と」あるように、Ⅰに限られます。したがって、無表記のⅡは名詞のはずです。)

 

さて、「くたくた」のⅡは「ぐたぐた」のⅠと同じ、ということは、省略せずに書くと次のようになるわけです。

  くたくた Ⅱ(副)-と 1原形が損なわれるほど十分に煮込む様子。
             2くだくだ。「-言っとったよ」 

問題点が二つあります。

一つは、「くたくた」に2の「くだくだ」の意味があるか、ということです。

 

  くだくだ (副)-と 取るに足らない事をとりとめもなく述べ続ける様子。ぐたぐた。くどくど。  新明解

 

例えば、

  くたくた言っとったよ

こういう言い方があるでしょうか。私の語感ではだめですし、他の辞書の「くたくた」の項にはこの用法が書かれていません。

Yahooで検索すると16件ありましたが、これを一般的な言い方と言えるかどうか。(「くたくた言う」で検索。「くたくたと言う」とすると、「『くたくた(だ)』と言う」の意味でたくさん使われていますが、これは「くだくだ(と)言う」とは違います。)

 

もう一つは「煮る」場合の助詞の問題です。

新明解によれば、「くたくた(と)煮込む」という言い方をすることになりますが、明鏡と岩波は「に」の形の例をあげています。

 

  物がよく煮えて軟らかくなりすぎたさま。「野菜を━になるまで煮る」  明鏡

  ②形が崩れるほどになったさま。「着物が―になる」「―に豆を煮こむ」  岩波

 

明鏡の例は、「煮る」にかかるのではなく「くたくたになる」ですが。

新明解の記述からは、「くたくたに(なるまで)煮る」という言い方は出てきません。ごくありふれた言い方です。この用法も書いておくべきでしょう。

 

ただ、「ぐたぐた」のⅡには「-になるまで煮ます」という用例があるのですね。このⅡは「-な-に」、つまり形容動詞としての用法です。

 

「くたくた」の「Ⅰ-な-に」にもこれと同じように書けばいいのです。

  3原形が損なわれるほど十分に煮込む様子。「-になるまで煮ます」

そして、Ⅱには、

  Ⅱ(副)-と 「くたくたⅠ3」に同じ。「-(と)煮る」

とすればいいわけです。「ぐたぐた」を参照しなくてもいい。

 

同じ項目の中で、品詞の違うものを参照項目とするということは、新明解はよくやっています。

例えば、

 

  べと べと(副)-と-する Ⅰ表面がねばついたり 湿気を帯びたり したような状態になっていて、さわると不快に感じられる様子。「梅雨時は家中どこも-する」 
       Ⅱ-な-に 「べとべとⅠ」に同じ。「床が油で-になる」  新明解第八版

 

このⅡの用法は、「ぐたぐた」のⅡと同じように、第八版で加えられたものです。

 

  べと べと(副)-と-する 表面がねばついたり 湿気を帯びたり したような状態になっていて、さわると不快に感じられる様子。「梅雨時は家中どこも-する」  新明解第七版

 

新明解の擬態語には、副詞とされて「-に」の用法が忘れられていたものがけっこうあったようです。

 

  ざらざら(副)-と-する 肌ざわりや舌ざわりがなめらかでなく、細かなひっかかりが感じられる様子。「表面が-した紙/砂ぼこりで-の床(ユカ)」⇔すべすべ   新明解第七版

  ざらざら⇔すべすべ Ⅰ(副)-と-する 肌ざわりや舌ざわりがなめらかでなく、細かなひっかかりが感じられる様子。「表面が-した紙/砂ぼこりで-した床(ユカ)」
    Ⅱ-な-に「ざらざらⅠ」に同じ。「-の紙/手があれて-になる」  新明解第八版

 

第八版では、Ⅱとして、形容動詞の用法が書き加えられています。次も同様です。

 

  かさかさ(副)-と-する 1(略) 2(略)  新明解第七版

  かさかさ Ⅰ(副)-と-する 1(略) 2(略))
       Ⅱ-な-に「かさかさⅠ1」に同じ。(略)  新明解第八版

 

「さらさら」「がさがさ」でも、第七版と第八版で同じような違いがあります。他にも同様の例がたくさんあるのでしょう。改訂で記述が改善された例です。

「くたくた」の場合は、以上のような改訂がどうもうまくいっていないようです。どうしたのでしょうか。

 

いつもとりあげる三省堂国語辞典をまだ見ていませんでした。

 

  (形動ダ)1からだがひどくつかれて、力がぬけたようす。「働いて-になる」2形のくずれたようす。「-な背広・-になるまで煮る」  三国   

 

三国は「くたくた」を形容動詞としています。しかし、そうすると、「くたくたと煮込む」という形が導けませんし、岩波の用例「―と椅子に座り込む」もはじかれてしまいます。

やはり、「くたくた」には「副詞-と」という品詞の用法を認めることが必要だと思います。

なお、三国と明鏡には「ぐたぐた」という項目はありません。これも、あったほうがいいと思います。(「くだくだ」と「ぐだぐだ」という形もあって、まったく面倒な話ですが。)